#021

ツヤ髪にはオイル、クリーム、ミルク…どれがいい?

知る 2019.05.24

どんなツヤ髪になりたいかで選ぼう

アウトバス用のスタイリング剤にはさまざまなテクスチャーがあり、どうやって選べばいいか迷いますよね。

なかには「使い方がわからない」「ベタつきそう」と苦手意識をお持ちの方もいるようです。

けれども選び方と使い方のコツを知るだけで、大人のツヤ髪に絶大な効果をもたらしてくれます。

キレイなツヤ出しにはオイルがいちばん適している

オイルは保湿・保護効果に優れているので、髪をダメージから守るとともに、髪表面にツヤのコートをつくることによって、強い反射でキレイなツヤが生まれます。

タオルドライのあとの髪が濡れた状態で、オイルを両手に広げるところがポイントです。手のひらだけではなく指先、指の側面まで広げると、ベタっとつきません。

指先を曲げて“熊手”のようにして毛先にもみこみ、さらに全体を包み込むようになじませていきます。濡れた髪につけるとオイルが行き渡りやすく、さらりと仕上がります。

 

オイルで毛先にもみこむ

クリームは広がる髪に。リッチなニュアンスツヤが叶う

クリームはミルクやエッセンスよりも油分が多く、リッチな質感が特徴です。

そのため、適度な束感をつくりたいときや、髪の広がりを抑えたいときに最適です。

つけ方のコツは、指先だけにのばして、毛をつまむようにしてのばすこと。そうすることでまとまり、束感のあるニュアンスヘアに仕上がります。

濡れた髪につけるとケア効果を、乾いた髪につけるとスタイリング効果を発揮します。

 

クリームは束でつまんでなじませる

ミルクはゴワついた髪にフェミニンなツヤを

ミルクやエッセンスは水分と油分がバランス良く配合され、なじみやすいという特徴があります。そのため、髪全体がゴワついてパサつくという人は、手軽にやわらかいツヤ髪に仕上がるこのタイプがおすすめです。

ミルクタイプの「大島椿 ヘアエッセンス」は、日中気になったときにいつでもどこでもつけられるよう、乾いた髪に美髪成分がなじみやすいようにつくられています。

ポイントは、手のひらにだして、両手でなじませて人肌にします。温めることで、よりなじみやすくなり均一に広がります。傷んでいる毛先からつけた後、手のひらではさむように上から下へスライドさせるとキューティクルも一定方向に向いてツヤが生まれます。

 

ミルクは髪全体にしっかり広げて

 

テクスチャーによって、特徴と使い方が異なることをご紹介しました。

どんなツヤ髪になりたいかで選んでくださいね。

 

 

  • 大島椿コーポレートサイト
  • つばき座
  • 大島椿オンラインショップ
  • 大島椿ファンプログラムメンバー募集!