#015

ベタつくのはイヤだけど、傷んだ髪はしっかり補修したい。
何を、どんなふうに使えばいい?

使う 2019.02.28

髪にすーっとなじんでなめらか美髪へ
ミルクタイプの「大島椿 ヘアエッセンス」がおすすめです

紫外線や摩擦にドライヤーと、毎日ダメージを受け続ける髪。

手触りや見た目がパサついてスカスカの髪は、うるおいやツヤが失われています。肌にうるおいやツヤがないと途端に老けて見えるように、髪も老けて見えてしまいます。

 

傷んだ髪をツヤやかにするには、適度な油分が必要ですが、「オイルはベタつくから苦手」と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

そんな、オイルをなかなか使いこなせない人はもちろん、猫毛などの髪が細い人やテクニックなしにさらりとふんわり仕上げたい人には「ミルクタイプ」がおすすめです。

 

「大島椿 ヘアエッセンス」はのびが良いミルクタイプで、髪が重くなりにくいのが特長です。なじみやすくベタつきにくいので、椿油=重いのでは? というイメージを持つ方にぴったりのスタイリングヘアケアです。

 

髪にツヤとうるおいを与え、紫外線ダメージから守る椿油や、植物由来の美髪成分<補修コンプレックス※>をブレンドしているため、どんなときにも即リペア。ダメージや乾燥でパサついた髪やごわついた髪もなめらかなツヤ髪に。やさしい使い心地で髪質を問わずお使いいただけます。

※キューティクル補修成分:ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル) 浸透補修成分:ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,保湿成分:ツバキ種子エキス

 

美髪アドバイザー直伝!「ベタつかずふんわり」仕上がるコツ

気軽につけてもベタつかずキレイにまとまるのがヘアエッセンスの魅力ですが、ハイダメージの人は、このつけ方をお試しください。

見違えるような美しさにうっとりするはず!

 

1. 適量(セミロングの長さで2~3プッシュ)を手にとります

◆point! つけすぎても大丈夫。ミルクタイプは多少多めでもベタつかないのが特長です

 

2. 手のひらをあわせて温めます

◆point! 温めると髪へのなじみがスムースになります

 

3. 毛先から髪全体にもみこみます

◆point! いちばん傷んでいる毛先からつけること。根元につけるとせっかくの立ち上がりがぺたんこに

 

4. 手に残ったエッセンスを髪全体になじませます

◆point! 手のひらでなでるように軽くすべらせるとキューティクルも整います

 

5. 手ぐしかブラッシングで全体に行き渡らせます

◆point! つけムラを防いで、髪全体がツヤやかに美しく!

 

忙しい朝でも日中のオフィスでも、いつでも気軽に使えるヘアエッセンスはプッシュタイプで携帯にも便利。無香料でにおいも気にならず使いやすいので、常備しておくと安心ですね。

  • 大島椿ファンプログラムメンバー募集!
  • 大島椿オンラインショップ
  • 販売店検索
  • 大島椿コーポレートサイト