#036

椿油活用120%!の裏技テクニックを教えて!

使う 2020.01.14

髪だけでなく、頭皮、顔、体、パーツに。
幾通りもの使い方ができる多機能オイル

今でこそ、多機能なオイルがトレンドですが、椿油は元祖多機能オイルと言ってもいいほど、使い勝手のいいオイルです。90年以上のロングセラーアイテムである椿油100%の「大島椿」は、髪だけに使うのはもったいないほど。じつは幾通りもの使い方があることをご存知ですか?

 

オイルには、大きくわけて「落とす」役割と、「与える」役割があります。

ここでは、代表的な10通りの使い方をご紹介します。

落とす編

1. 頭皮の皮脂をディープクレンジング

乾燥する季節は頭皮にかゆみを感じたり、ターンオーバーの乱れからフケが気になることも。対して夏は汗や皮脂のベタつきも気になります。

そんな頭皮の悩みには、頭皮ケアがおすすめ。シャンプー前にオイルを頭皮になじませることで、シャンプーだけでは取り除きにくい毛穴の皮脂汚れも、オイルの力で浮き上がってきます。

さらに、オイルをなじませた頭皮をマッサージをすることで血行を促進し、しなやかで柔軟性のある健康な頭皮に導きます。乾いた頭皮全体にオイルをなじませたら、指の腹で襟足、頭頂部、側頭部とパーツごとに小刻みにマッサージ。5分ほどおいた後、いつも通りにシャンプーを。毎日でも、週イチのスペシャルケアとしても使えます。

 

 

2. ポイントもオフ。メイククレンジング

クレンジングオイルとしても椿油は大活躍。乾燥しがちで敏感に傾いた肌にも、うるおいを逃さず汚れを落としてくれます。

まずは10滴ほどを乾いた肌にのばし、デリケートな目もとはとくにオイルをたっぷりのせて、目尻からくるくるとなじませます。メイクがオイルになじんだら、ティッシュでおさえていつも通りの洗顔をすれば、しなやかなすっぴん肌に。

 

3. 小鼻の黒ずみを、集中的にクレンジング

小鼻にあらわれる黒いポツポツや角栓には、“置きクレンジング”が効果的です。乾いた肌に5滴ほどを塗布し、力をかけずに薬指を使ってくるくるとなじませて5分ほど放置。その間に汚れをしっかりと浮き上がらせます。ティッシュオフの後は、いつも通りの洗顔をすれば、透明感ある肌のできあがり。

※ラップを使った丁寧ケアはこちら⇒椿油1/12

ツヤ感もやわらかさもおまかせ。
美しさに惚れ惚れ、手放せなくなる!?

つぎは、うるおいを与える方法です。髪、顔、体へのビューティケアは椿油1本で叶います。

与える編

4. 肌にハリが出る顔のオイルパック

肌がスカスカと物足りなく、触れた感触もハリがないと感じたら、洗顔前のオイルパックを。乾いた状態で、顔全体にオイルを5滴ほどなじませます。気になる口もとやおでこには多めに。5分ほど放置したら、ティッシュオフしていつも通りの洗顔を。うるおいに満ちたハリのある肌はメイクのりも抜群。朝のオイルパックもおすすめです。

 

 

5. ボディまるごとオイルの輝きを

お風呂上がりの肌なじみのいい状態で、マッサージするようになじませると、美しく輝くボディに。ひじや脚のすね、ひざ、かかとなどとくに乾燥が気になるところは入念に。見た目はもちろん、触れたときにやわらかく、もっちりと密度が増して見違える肌になります。

 

6. ネイルにハンドにパーツケア

適量を手に取り、手の甲、手のひら、指先までなじませます。とくに、関節は動きが激しく乾燥によるシワができやすいのでしっかりと。ネイルオイルとして甘皮になじませて、ネイル専用の爪磨きで磨き上げると爪がピカピカに仕上がり、若々しい手元に。

 

7. メイクの仕上げにツヤをプラス

朝のメイクの仕上げには、椿油特有の上品な天然のツヤを。頬のいちばん高いところにちょん、と指先で1cmほどの円をのせると、これだけで効果てきめん。いきいきとした表情とハリ感をもたらします。メイク直しのときにも使える、ツヤ足しテクニックです。

 

8. 洗い流さないヘアトリートメント

シャンプー後のタオルドライした段階でオイルケア。椿油は、少量すぎる? と思う量で十分うるおいます。ショートヘアなら1滴、セミロングなら2滴、ロングヘアなら3滴を手に取り、手のひら全体、指の間にもよくのばします。髪の内側、毛先から手ぐしを通すようにすると均一につきます。

 

9. シャンプー前の髪のオイルパック

うるおいとツヤに加え、ハリコシも欲しいならスペシャルなケアを。シャンプー前の乾いた髪全体に、オイルをたっぷりとなじませていきます。ショートヘアならティースプーン3杯、セミロングなら4杯、ロングヘアなら5杯くらいを目安にして。待ち時間なしにすぐにシャンプーで洗い流せば、ふくよかな仕上がりに。

 

10. からまずまとまるヘアスタイリング

朝起きたらパサパサで、髪型がきまらないし静電気も気になる……。そんなときは、手のひらに薄くのばして毛先になじませ、髪表面をなでるようにオイルを塗布します。その後、ブラシで整えると、オイルが全体に行き渡り、ツヤもうるおいも手に入ります。

 

香りがなく、ベタつかないので、家族全員でシェアできます。簡単に使いこなせるので、誰でもオイルマスターに。

  • 大島椿コーポレートサイト
  • つばき座
  • 大島椿オンラインショップ
  • 大島椿ファンプログラムメンバー募集!