#010

カールを夜までキープする、簡単な方法は?

使う 2018.12.07

オイルなら、たった1秒でツヤめくカールに

弾むようなカールが夜までずっと続けばいいのに……。そう思っていても、気がつけばカールがのびていてがっかり……ということはありませんか?

美しいカールをキープする方法は、たった1秒で叶います。その方法が、ヘアアイロン前に「オイルを仕込む」こと。

 

「オイルはベタつく」「逆にカールがのびてしまいそう」といったネガティブな声も聞かれますが、それはオイルが均一についていないことが原因です。

 

オイルスプレーを髪から20cmほど離して、大きく円を描くようにふきかけると、髪全体にムラなくつけることができます。その後、ヘアアイロンをかけると、オイルが接着剤の役割となり、髪を傷めずにキューティクルをキレイに引き締めてくれるのです。キューティクルが整うと、湿気や乾燥の影響を受けにくくなり、美しいカールが夜まで続きます。

 

ヘアアイロンは、3つのポイントに気をつけよう

ヘアアイロンを使ってカールをつくるとき、温度と時間にも、ちょっとしたコツがあります。

 

1. 150℃の低温

150℃が髪を傷めないギリギリの温度です。今日から、温度設定をちょっと意識してみてください。

2.  3秒以内

3秒以上同じ場所にヘアアイロンをあてると、髪表面にダメージを与えて、スタイリングの乱れはもちろん、パサつきも進んでしまいます。

3. 髪の中ほどから巻く

毛先は老化やダメージが進んでいるため、髪の中ほどから巻くとダメージを最小限に防ぐことができます。さらに、毛先には巻かないほうが抜け感がでて、こなれた仕上がりになるというメリットも。

 

3つのポイントに気をつけるだけで、髪を傷めずカールを楽しむことができます。

簡単な方法、ぜひお試しくださいね。

 

  • 大島椿コーポレートサイト
  • つばき座
  • 大島椿オンラインショップ
  • 大島椿ファンプログラムメンバー募集!