#045

午前と午後で変わる!? 紫外線は“向き”に注意すべきというのはなぜ?

知る 2020.05.17

紫外線が日に日に強くなっているのを、肌で感じるようになりました。

日焼け止めクリームを塗ったり、サングラス、帽子などで髪や肌をガードしている人も多いのではないでしょうか?

でも、“紫外線は向きに注意”ということは、意外と知られていません。

じつは、紫外線があたる向きを意識することは大変重要です。

みなさんは、朝と昼では髪や肌へのダメージ部位が異なるのをご存知ですか?

朝の紫外線は「横」から
髪のサイドダメージや頬のシミが気になる人は注意

たとえば朝。

通勤・通学の時間帯は、朝日が横方向から照りつけます。そのため、帽子や日傘で防御しているつもりでも、紫外線は顔の側面から、メガネやサングラスのすきまから入り込んでしまいます。

 

朝は、横方向の紫外線があたるため、顔の側面やデコルテのUVケアも忘れずに

 

髪のサイドダメージが気になる人、頬の高い部分やこめかみ付近にシミがある人は、こういったうっかり日焼けが原因のひとつ。

朝の紫外線の向きに意識を向け、日焼け止め効果のあるヘアスプレーやミルクなどでプロテクトしましょう。

昼間は太陽が「真上」にくるため
髪の分け目のUVケアを忘れずに

ランチタイムの紫外線は真上からあたります。太陽の位置が、朝に比べて高くなっているからです。

 

昼は、頭上から紫外線が降り注ぐため、頭皮の紫外線対策を優先しましょう

 

真上からの紫外線は、頭皮にダメージを与えます。髪の分け目からあらわになった頭皮が、赤みを帯びたりヒリヒリしていたら、うっかり日焼けによる炎症が起こっている状態。炎症は髪の正常なサイクルを乱し、乾燥だけでなく薄毛や白髪につながることもあるので、炎症を起こさないよう紫外線を防いで頭皮を守ることが大切です。

また、真昼の紫外線は一日のうちでいちばん強く降り注ぎます(図参照)。ちょっとそこまでランチに行くようなときでも、しっかりとしたUVケアを心がけたいですね。

 

東京の5月における晴天時UVインデックス(紫外線の強さを数値化したUV指数のこと)を
1997年から2008年までの期間について平均した時別グラフ。
(出典/気象庁ホームページ「紫外線のデータ集」)

 

 

とはいっても、頭皮のUVケアってどうすればいいのでしょうか?

クリームを塗るとベタつきが気になるし、日傘や帽子を使えないときもありますよね。

そんなとき、とても手軽なのがヘアスプレーです。

UVプロテクト効果のあるヘアスプレーやボディスプレー、顔用のスプレーももちろん使えます。ベタついたり、ムラづきしないポイントは、腕がまっすぐ伸びるくらい離し、頭頂部に向けてスプレーすること。これでさらりと仕上がり、均一にコーティングしてくれます。

 

ランチに出かける前にスプレーの習慣をつけて、健やかな頭皮と髪をキープしてくださいね。

  • 大島椿コーポレートサイト
  • つばき座
  • 大島椿オンラインショップ
  • 大島椿ファンプログラムメンバー募集!