#007

ヘアウォーターの役割は? いつ、どのように使うの?

使う 2018.10.09

うるおす・整える・守る。1本で10役のうるおいミスト

 

ヘアウォーターは、単なる水ではありません。10もの役割をこなすマルチプレイヤー。

とくに大島椿の「ヘアウォーター」は、ダメージを受けた髪にこそ使っていただきたい1本です。

配合されている椿油には、うるおす、やわらかくする、守るといった働きが備わっていて、椿の種子から抽出したツバキセラミドには、とくに補修作用があるといわれています。

気になる10の役割を挙げてみましょう。

 

1. 1本1本にうるおいを与える

2. ツヤ感を出す

3. トリートメント代わりに

4. ゴワつきをやわらげる

5. 指通りをよくする

6. パサつきを整えてまとまる髪に

7. ブロー前の寝グセ直しに

8. ダメージを受けた髪を補修

9. 紫外線(UVB)ダメージから守る

10. ドライヤーの熱から守る

 

使う時間も場所も選ばず、24時間さまざまな効果を発揮します。

 

さっとスプレーするだけで、うるおってさらさら

スプレータイプだから、忙しい朝も手軽に使えるところが魅力の「ヘアウォーター」。それなのに、使いこなせていないという声もよく聞きます。

目的別に使い方をご紹介します。

 

●うるおす→全体がしっとりするくらい、たっぷりと

パサついた髪にたっぷりの水分を補給し、さらにダメージを受けた部分を補修する目的で、髪全体にスプレーします。このとき、入浴後の濡れた髪でも、日中の乾いた髪でもOK。ともに、しっとりと濡れて重くなるくらいたっぷりとスプレーするのがポイントです。その後コームでとかすと、全体に均一に行き渡ります。自然乾燥でも、ドライヤーで乾かして仕上げると、あっという間にツヤ髪へ。

 

●整える→寝グセ直しは、根元にスプレーするのが鉄則

朝起きて寝グセが気になるけれど、髪を濡らしたりする時間がない、ということはよくありますよね。焦ってブラッシングやドライヤーでむりやり直そうとしてもうまくいかないのは、根元から寝グセがついてかたまってしまっているから。そのため、ヘアウォーターを根元にスプレーして、かたまったクセをやわらかく解きほぐすことが先決です。ヘアウォーターは水よりも髪への浸透が早く、スピーディに好みのヘアスタイルに仕上がります。

 

●守る→手を伸ばして、遠方から均一にスプレー

ドライヤーの熱や紫外線によるダメージ、タバコや焼き肉の気になるニオイ……。髪が傷んでいるときはキューティクルが乱れてめくれているため、ダメージを受けやすくなっています。このような要素から守るには、ヘアウォーターで髪に透明のヴェールをまといましょう。このとき、手を伸ばして、遠い位置からスプレーすると均一につきます。スプレーしたあとはとくになじませたりする必要はありません。

  • 大島椿公式ファンサイト
  • 大島椿オンラインショップ
  • 販売店検索
  • 大島椿コーポレートサイト